カンジダ菌の潜伏期間|処方箋不要で簡単通販!個人輸入代行を利用してみませんか?

カンジダ菌の潜伏期間

手のひらの薬

カンジダは女性に多い病気の1つで潜伏期間があってないようなものとして有名です。
潜伏期間とはウィルスや菌など病気の原因に感染してから発症までの期間のことをいいます。

潜伏期間がない理由はカンジダの菌は性行為などによって感染することは少なく、体表菌と呼ばれ既に体表にいることが大半のためです。
そして、症状が現れるのは疲労やストレス、生理などの体調不良の際が多いです。
もちろん、カンジダ菌を持っている方との性行為で感染することもあります。

このようにカンジダの感染経路は自分ということから感染を防ぐことが非常に難しいわけです。
しかし、感染を防ぐことはできなくとも発症を防ぐことはできます。
カンジダはたとえ感染していたとしても健康状態を維持することで発症をさせることなく、ずっと潜伏期間のままですませることも可能なのです。

それでもカンジダが発症してしまうこともあるでしょう。
特に女性が性器カンジダを発症してしまった場合はおりものに大きな変化が訪れます。
また、性器周辺に強い痛みや痒みを感じることも多くあり、その際は歩くことですら困難になってしまいます。

カンジダには感染経路や潜伏期間がないため、予防が難しい面がありますが自分次第で症状を抑えることもできることを憶えておきましょう。
そして、これらの症状が起こった場合は治療薬や病院などでしっかりと治療する用意しましょう。